ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミサンガ

筆者は過ぎたことを考える(良い事も、悪いことも)のはあまり好きではないし、今はまだ次へのチャレンジの最中なのでこの時期に色々語りたくはないのだけど・・・あまりに面白かったので・・・そして感謝の気持ちも忘れないためにちょっと記録。

県大会第1戦を1対4で大敗したものの、相手チームもコケて、わずかながら予選突破の可能性を残した第2戦の直前の出来事です。

この際プラスになりそうなことは全部やろうと決め、井の局長と手分けしてスタメン選手全員にふくらはぎ痙攣防止のテーピングをした。

基本的にはフル出場予定の選手と、痛んでいる選手のテーピングをしたのだが、テープと時間が余ったので途中交代予定のズキもテーピングすることにした。

ストッキングを下ろさせるとズキの足首にミサンガが・・・これ切らないとテーピングできないから切っちゃうよ。ミサンガ切れると望みが叶うっていうから・・・いいことあるといいね。

と言いながら(筆者はもうほとんど勝ちに執着していなかったので)結構何気なくちょん切ってテーピングをして普通に試合に出したのだが、なんと彼はこの試合大量点の口火を切る貴重な先制点を含む2得点大活躍であった。

第1試合、大敗のきっかけとなる手痛い失点は彼のDFの脆さから始まってしまったのだが、ミサンガが切れた途端この活躍。ミサンガ恐るべし?なのかも知れない。

試合を終ってロッカールームに帰ってきたらズキのテーピングしたマットの上に切れたミサンガが置いたままになっていた。気のせいか、いや気のせいなのだけどミサンガがボッと光って見えたので、

おーい望みをかなえてくれたミサンガ神棚に上げとけと言って彼に渡したら、どうやら本当にお供えしているらしい。まあいいことなのだと思う。感謝の気持ちをずっと持ち続けてほしい。

残念ながら今週の試合ではすでにミサンガ様の神通力も薄れ、ズキはまた早々に途中交代となってしまった。チームの集中力も今一歩だし・・・
この際ミサンガ神社でも建立してみんなでお参でもするか?

回復トレーニングの一週間は過ぎ、今日からは再び強化のサイクルに突入する。
緊張感も、プレッシャーも実感として出てくる事と思う。
プレッシャーに負けて、今なぜ自分がこの場に立っているのかを忘れそうになる。
筆者も強化を目指すあまりに視野が狭くなりがちである。

だから当分の間、色々に、本当にいろいろな人やものに素直に感謝した県大会の2日間を忘れないようにしていたい。
ミサンガに感謝した自分を忘れないように、チャレンジャーであることを忘れないように....
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。