ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

ティーチャーズ

今シーズン外サッカー公式戦のラストゲームとなった6日の2試合は、ティーチャーズ、オバコとタニコのシーズベストゲームだった。
夏の県大会アルウィンの右サイドで2人シンクロしてコケていた時から比べれば格段の進歩である。

それでもまだ足りないのでフル出場は果たせなかったが、指導に携わった筆者はとても満足している。次のステージでジャンプアップしてくれそうな予感だ。

しかしその前に、彼らにはフットサルの試練が待っている。
勉強との両立は大変だが少しでも長い時間ピッチに立てるよう努力してほしい。もしかすると今までサッカーをやってきて一番楽しい数ヶ月になるかもしれない。

成長への期待と、期待を裏切られそうな不安が入り混じり久々にワクワクしている。晩成型選手の成長に関るのはいつも楽しいものだ。


スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad