ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新チームのテーマ

トップリーグ入れ替え戦の時
シンメイ先生がニコニコしながら「言うこともやることも相変わらずですね。」と言ってくれました。

そのとおりなのですが
実は今年は歴代の中で最も“出来ることの巾が狭く、運動能力が低い”のでいつも以上に
確実に出来ること=誰でも出来ること に限定しています。
いみじくも渋T曰く“まるでショートパスのキック&ラッシュですね”

入れ替え戦で格段に運動能力の高い2チームと戦い、今年1年間でやるべきことが明確になってきました。

目の不自由な人たちが視力以外の感覚を研ぎ澄まして日常生活を送るように
小さくて、早く走れなくて、強く蹴れないうえに、テクニックが身につかない(最低限のテクニック取得に必要な運動能力がない)選手たちが他の感覚を研ぎ澄まして強豪たちと互角の勝負が出来ないだろうか
と言うのが今年のテーマです

昨年までと同じに見えますが、少し違う。もっと深いところを探ります。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。