ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールを守るよりボールを守れ

普段何気なく
「ボールを失うな、大切につなげ」
という声をかけてきましたが
どれくらいつなげばOKなのだろう?
という疑問が以前から頭の片隅にあり

今シーズンになってからは
ボールさえ奪われなければゴールを守る必要はないのかも知れない??
という思いがつよくなり。

フィジカルの無い選手たちにとっては大きなゴールを守るより
小さなボールを守っているほうが楽なのかもしれない?
という思いもあって。

この時期なので、試しに
「絶対失わない。絶対つなぐ。」
というルールで試合に臨んでみることにしました。

大切につなぎながら相手ゴールを目指すというより
ゴールを目指さずもっと積極的にボールを守りきる。(試合運びは消極的になる)
というコンセプトです。

この(ゴールを目指さない)話を麻チューにしたら
『それでも、そう見せておいて、ゴールを目指しているでしょう』といわれ
その時は『まあ、そうだけど』と返事はしたのですが

本当は
本気でゴールを無視しています。
グランドからゴールを消し去る無謀なチャレンジで
これはもはやサッカーとはいえないような気もしますが
リズム良くボールを逃がしきれた時の快感はやみつきになります。

そして、無心でボールを逃がしていると、なんとなくボールが相手ゴールに近づくこともあり
ごくまれに得点も生まれます。

わが社はいまのところ楽しくサッカーの脇道を追及しています。
もう少し道草を食って
飽きたら本道に戻りたいと考えています。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。