ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

一歩及ばず

中信大会は久しぶりの初日敗退でしたが、内容は満足できるものでした。
例年はやらないのですが
今年は現時点でのサッカーの習熟度が低いため
相手の長所を消すための対策と
いくつかの細かいセットプレーを
一夜漬けで準備して
対策はおおむねはまったのですが
引き分け以上に持ち込むには
少し力不足でした。

一生のうちに
どんなレベルで何試合サッカーをプレーするのかわかりませんが
ワールドカップの1試合も
中信大会の1試合も
現時点での全てをかけて戦うという意味では
重さは変わらず、軽さも変わらず
いろいろな選手の、いろいろな通過点なのだと思います。

チームを育てる立場の者としては
もう少しでうまくいきそうだったことに少し満足しながら
予想どおり足りなかったものをどう克服すべきか分析しなおして
翌日は1日練習
本日も通常練習

今日感じたのは
明らかに金曜日より良くなっているということ
本日のトレーニングはとても楽しかったです。

スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad