ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奇跡の翼

先週?・・・小惑星探査機「はやぶさ」の採取したチリ?が小惑星イトカワのものと結論付けられたようですな。

新しいもの好きの筆者は、イオンエンジンとか地球スウィングバイとか・・・用語を聞くだけでわくわくしていたのですが

12日に当町出身の火工技術者で、はやぶさのプロジェクトにも深くかかわった佐藤先生の講演会を開催したばかりなので、嬉しい思いはひとしおです。

イトカワにタッチダウンした際に姿勢制御用のエンジンが動かなくなったり、メインの推進器であるイオンエンジンが故障したり、幾多の困難を乗り越えて満身創痍になりながらミッションを果たし、最後に再突入用カプセルを故郷に届けながら大気圏で燃え尽きた映像を見たときには涙が出ました。(何回見ても涙が出る)

ああだこうだと言い訳をしてミッションコンプリートしない人間が多い世の中で、ただの機械とは思えない奇跡的な働きに感動させられ、ついつい感情移入してしまいます。

一番じゃなければいけないんですか?
と、少し前に話題になったやり取りがありましたが・・・

深ーい部分で
やっぱり一番のほうが良いです。
多くの人たちの情熱に支えられた最先端技術はただの一番ではないのだから。

サッカーも同じ
一番になるためには多くの情熱が必要です。多くの支えが必要です。
価値ある一番を目指して
最近勝てていない我社も奇跡の翼を手に入れたいものです。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。