ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

ワークショップ試行

中南信フットサルとテプコ杯、チームを2つに分けて戦った土曜日は
思うように勝利を得ることが出来ませんでした。
6年生から中学2年生まで合わせて総勢17人のチームでは
二手に分かれて戦い抜く力はまだなかったようです。

2年生だけで臨んだフットサル準決勝では
慢心、過信、力不足とすべてマイナスの要素が働いたようですが
3位決定戦では奮起して立て直してくれたようです。

6人の6年生の力を借りて戦ったテプコ杯は
内容のあるサッカーは出来ましたが勝ち星にはつながらず
2戦2敗となりました。
6年生は良くがんばっていたので
1年生の力不足ということになります。
しかし、まあ前日までフットサルオンリーで
今シーズン初めての11人制外サッカーということを考えれば
よく対応できていたのだと思います。

2チームあわせて1勝3敗の成績は少し悔しいですが
こういう日もあるということで納得しておきましょう。
ちなみにサルの監督を務めたネイは
試合には負けたけど第2ラウンドのパチは勝ったそうです。


テプコ1次リーグ敗退で日曜日は試合がなくなったので
午前中、本当に久しぶりに(この世代は初めてか)ミーティングを行いました。

筆者の仕事上の実験もかねて
ワールドカフェとKJ法を組み合わせた
ワークショップを試行。

CIMG1162_convert_20110227180108.jpg

テーマは
『サッカーがうまくなるには』
『上手くなるための具体的な方法』
で、メンバーをシャッフルしながら4ラウンド行い
最後に『12月までの各月の目標設定』まで行ってみました。

第1ラウンド
CIMG1164_convert_20110227182936.jpg
(意外とまともな2年生)

CIMG1166_convert_20110227183248.jpg
(6年生も頑張っています)

CIMG1165_convert_20110227180206.jpg
(最初のうちは集中していた混成班)

CIMG1167_convert_20110227183531.jpg
(トモはさめてます)

概ねどのグループも
上手くなるための第1番に
日常生活(早く寝るとかしっかり食べるなど)と精神面(やる気とか強い気持ちなど)
が導き出され、その次に練習量や練習の質、フィジカルやテクニックがつながってくる
とても“良い子ちゃん”の方向性が出ていました。
意外としっかりしているのか??

その一方で
チームワークとか家族についてのキーワードが全員の中で
1件ずつしかなくちょっと不安
ある意味恵まれすぎているのか、まだ子供なのか
誰に支えられているのかとか
誰かのために頑張ろうとか
選手同士の人間関係とか
そういうことにはたぶん疑問もストレスも感じていないのだと思いますが
そろそろ必要な年代です。
このあたりが春の大きな課題かと思います。

なお
ワークショップの成果の模造紙は体育館においてあるので
ぜひご覧あれ
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad