ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

連休後半

連休最後のトレーニングマッチは郡内中体連の試合でした。
各チームいろいろな特徴を持っていますが
連休前半で戦った強豪チームと比べると
総合力では我が社が頭一つリードしている状況で
この力関係どおりに試合内容を圧倒できるかが課題で・・・

今回は連休前半と少し変えて
オーソドックスなサッカースタイル(あまり流動的でない試合運び)で
どのくらい戦えるのか試してみました。

結果は(予想通り)いまひとつで
相手のミスに助けられないと得点を挙げることができず
個の力の不足を痛感しました。

普段、ポゼッション率を上げるために
安全なショートパスを多用して
均一性と安定性の確保を目指しているのですが

本当に目指しているのはこの次の段階で
同じに見えて同じでない
緩やかに変わるグラデーションのような
変化のあるショートパスを自在に操りたいのです。

まだまだ基本技術にムラがあるため
安定感さえも確保されていないし
今回のようにオーソドックスな試合運びでは
やはりフィジカルの弱さが露呈してしまう・・・

少し手ごたえがあるだけに
このままではもったいないという思いは強いのですが
時間が足りない気もします。
さてさて、どうしよう?
久々に悩んでいますが
いろいろ考えるのはそれなりに楽しいものです。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。