ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アツユキ先生登場

校庭の芝はようやく安定期に入りつつあり
毎週日曜日の午前中はキッズクラスのトレーニング場として利用されています。
siba convert_20120627182404
キッズも芝もすくすく

ここにきて急に芝のコンディションが向上した理由は
天候の安定のほかにもう一つ大きな理由が・・・

教育実習で今月初めから母校の教鞭をとっている
アツユキ先生の活躍あったればこそ

第2期黄金期の中心にいた彼が
選手には沢山の情報をもたらしながら
かなりの労力を芝の手入れにも割いてくれました。

中信大会ではルイボスの歴史的な得点に感動し
チームが勝ったといって喜び
ロスタイムでの理不尽な敗戦におおいに悲しみ
(負けた翌日は選手よりヘコンデいました)
彼もまた選手や芝とともに成長中です。
筆者としては大学卒業後はぜひ教職の道に就いてほしいと考える逸材ですが・・・
本人はあまり乗り気ではないのか?

しかし彼は少年時代、兄とともに出身の隣村から上松に来る際にも
「オレは(移籍しなくても)いい。そんなにサッカーやらないから。」みたいなこと言っていた人なので・・・
今後を大いに楽しみにしています。

早くも予定の1ヶ月の実習終了時期が近づいていますが
残り1週間頼むぞ!!
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。