ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低学年スクール

ヤマガサッカー教室を実施

本当は自慢の芝の上でやりたかったのですが
あいにくの天候のため
屋内での開催となりました。
s_DSC_0115.jpg
ショウタも来てくれて・・・・
なかなか試合に出られずクサッているのではないかと
心配していたのですが
『今、サッカー人生の中で一番練習しています。今年は勉強させてもらっています』
とポジティブな言動を聞いて安心しました。
まだまだやる気のようです。

力が有り余っているU9のワルガキ
もとい“元気なお子様たち”も良い汗をかいた後は
無邪気に、サイン会・写真撮影会でさらにはしゃいで大満足の様子でした。
s_DSC_0121.jpg


最近、小学生も、中学生も勝ってないし
ショウタもなかなか活躍の機会がないわけで
我が社のサッカー
どちらかと言うとあまり良い状態ではないこの時期にもかかわらず
これだけの親子がイベントに参加して
しかも心から楽しんでくれていることに大きな意義を感じました。

少しばかり成績が良かったり、良い話題がある時には
当たり前のように人が集まり
多くの励ましや、称賛の言葉をいただくのですが

今年みたいにマイナスの要因があると
途端に批判する側に回るような方も多く

それが世の常と解ってはいても
とてもさびしい思いをしていたわけですが

今日の子供たちの笑顔で少し元気が戻ってきました
サッカーは我が町でも文化になりつつあるようです。

本物になるにはまだもう少し時間が必要なようですが
それに近づきつつあるという思いを持つことができました。

よきかな
よきかな
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。