ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スモール&コンパクト

どう考えてもパワー不足の新チームなので
新人戦は限りなくコンパクトなサッカーとなるよう準備をし
実戦を通してさらにコンパクトを要求し

気がつけば
過去最高のスモール&コンパクトなサッカーとなりました。

約5m四方のグリッドで
4対4程度のボールキープとなり
敵のすぐ横でパスを受けパスを出すというような現象が多く現れました。

相手のプレッシャーも甘かったのですが
寄せられる前に放すというパターンで
失わずにボールを廻すことに成功し

数年前にチャレンジしたけれど
どうしてもうまくいかなかった
こまごまとした作業を根気良く続けることが出来たのは
この日だけの偶然なのか?

どうしてこういう状況になったのか
夏の間にいつもより多めにフットサルをやったからなのか?
今年1年のトレーニングが結実したのか?
実はまったく分析できていないので少し不安なのですが
一度出来たということは、今後も出来る可能性あり

本当にこれで良いのか悪いのか
それもよくわかりませんが
変化が訪れているのは確かで
どうせ変わるのなら久々のバージョンアップとなるよう
もう少し研究したいと思います。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。