ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットプリント原稿

久しぶりに(フットサル県大会優勝したため)
 FOOTPRINT2012長野県中学生サッカー年鑑
の原稿依頼がありまして
締め切りが近付いてきたので執筆に取り掛かりました。



 今年も相変わらずフィジカルの弱い選手達で構成されたチームでした。少しでもスピードやパワーを付けようと中学入学以来3年間いろいろなトレーニングしてきましたが、晩成型の選手達なのでおのずと限界は知れております。
 夏の大会を不完全な形で終えてしまった直後から、フットサルは何とかしたいという思いは強くありましたが、いくら策を巡らしてもフィジカルの差を埋めることは困難だろうと考え、必要以上に勝負にこだわるつもりはありませんでした。
 しかし、夏が過ぎてフットサル県大会が近付くにつれ、選手達の「どんな事をしても勝ちたい」という気持ちがひしひしと感じられたため、例年は全国レベルから逆算して、総合力がそのレベルに達していなければ高望はしないのですが、今回は特例的に県大会を勝ち抜くことを最優先にしてみようと決断しました。
 戦術的には小学生の頃からコンパクトなボックスでしっかり守ってカウンターアタックの鋭さで勝負を決めていくという得意なパターンが確立されていたので、戦いのベースは『堅守速攻』と決めていました。
 ただ、・・・・・・



何とか冒頭だけ書きはじめましたが・・・
どうも調子が悪いキレが無い
筆が進みません

原因は
今月は北信越大会に続いて
仕事面で議会対応や色々で、まともにデスクワークをしてないので
他にやり残してある仕事が気になっちゃって

今週はあきらめて仕事に専念して年末年始に頑張ろうと思いますが
締め切りまでに完成するのだろうか??
せっかくだから「上手く伝えたい」などと欲が出ると苦しいですなぁ


スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。