ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけリーグ

リーグ戦のおまけ
各ブロック2位チームによる1部参入チーム決定リーグは
0-1・0-1の2敗となってしまいました。

先週のフットサル県大会の疲労の蓄積もあり
選手たちは動きに全くキレを欠いた情けない内容でしたが
何とか最後まで走り続けてくれました。

フィジカルの強くないチームなので
コンディションの合わせ方は
勝敗に大きく影響するのですが
思えば今月は11月4日のユースリーグ最終節にピークが合ってしまい
先週のサル県大会、そして本日の参入リーグは下降線で
厳しい内容となってしまいました。

本日は
けが人もありベンチ入り13名で2試合を戦いましたが
3年生6人のの公式戦ラストマッチということもあり
あまり細かいことを言わずに
戦術的交代によるペースアップも考えず
選手たちが積み上げてきた技術とセンスを見極めるつもりで試合に臨みました。

結局
個々の至らなさがそのまま結果につながった感じで
多くの場面で判断を誤り
技術的な拙さを露呈してしまい
指導者を含め普段の取組の甘さを受け入れざるを得ない状況です

卒業する3年生はこの経験を糧として
自らの判断でトレーニングし、チームとして成長する術を
自らの力で見つけていってほしいと考えています。
サッカーだけのためだけではなく
人として成長を続け社会に貢献していくためにどうしても必要な課題です。

めちゃくちゃ悪いわけでもないけれど
すっきり感も全く無い日々が続いていますが
人生は概ねこんなもんであると認識しています。
自らの不完全性はもとより、他者の不完全性も、いろいろな逆風も
すべてを受け入れて愚直に努力を積み重ねることが
すっきり感への近道です。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。