ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真夏のフットサル

2014-08-17 16.32.46b
保護者も指導者もサポーターは皆多忙な時期でしたが
日帰り2日間のフットサル遠征を実施しました。

2・3年生が山梨県のフットサル委員会招待大会に参加。
1日目Aチームは3勝1敗(0-1、6-1、6-0、?)
Bチームは1勝2敗1分(1-1、2-0、0-6?)
で全体の5位と6位、Aチームは最初の1敗が痛かった

2日目は
Aチーム3勝1分(2-2、10-0、4-0、1-1PK勝)
Bチーム1勝3敗となり
Aチーム優勝、Bチーム4位の成績でした。

久々のフットサル実戦でしたが内容はまあまあ・・・
時間を追う毎によくなってきました。
山梨の強豪アミーゴスとは予想以上の接戦で、3回対戦して0-1、2-2、1-1PK勝
猛暑の中、力いっぱい戦った経験は必ず次に生きるものと思います

ただし、選手もチームもまだまだ余分なものがいっぱいくっついてる感じで
先ず望むのは気持ちの整理
人に良く見られたいとか、カッコ良いプレーをしたいとか
下心が見え見えなので、プレーも推して知るべし
そういう余分なものをそぎ落とし
洗練させていかなくてはなりません。

フットボールに屋中も屋外もなく
走る、蹴る、止めるを
ある時は繊細に、ある時は大胆に
時間軸に乗せて連続するだけなので
フットサルとサッカーを同時進行で体験できる環境はとても良いと思います。

久しぶりに骨のあるチームと対戦できて筆者はモチベーションアップ中(選手は?)
これからも外サッカー、フットサルの区別なしでガツガツ食らいつくすような環境を用意したいと考えています。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。