ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズンの公式戦終了②

今シーズンは特に
主要大会直前のコンディション調整がうまくいかず
中体連夏の大会は中信大会で優勝したものの県大会は1回戦敗退
U15中信2部Aリーグは優勝したものの
男子フットサル県大会はとても良いフットサルをしながら3位にとどまり
女子フットサルの県大会は他を寄せ付けない強さで優勝したものの北信越大会2位にとどまり
普通であれば満足すべき成績を残してはいるものの
どの大会でも力を出し切った感が無く、モヤッとしたものがの残るシーズンでした。

贅沢は言わないけどもう少しすっきりしたいというのが本音で・・・・
でも、急がば回れなので、ここはグッと欲を抑えて
先ずはもう一度足元を見つめ直そうと考えています。

おかげさまで
男子が県大会で敗退した翌日も
女子が北信越で勝ちきれなかった翌日も
選手たちはしっかり練習に参加し、いつものルーティーンを
大会前より高い精度でこなしていました。
「あぁ、大会を通して上手くなってる」と思える練習をしてくれたので
彼らの将来には期待が持てます。


抑えきれない欲を言えば
今これができるなら
大会前2の週間、同じ精度でやってくれていれば勝てたかも?
というタラレバの話になってしまうわけですが、

過去に実績を残した先輩の世代や
最近クローズアップされている
男女ラグビーや、ハニュウ君のトレーニング秘話を見聞きすれば
今のチームの取り組みは明確に甘いわけで

成長のためには
どこまで楽し厳しくできるかがチーム成長のカギとなるわけです。
とりあえず新チームの選手達には少し?かなり?厳しく接する予定です。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。