ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の好成績 新人戦と女子フットサル

U15女子フットサル長野県大会優勝
中信サッカー新人戦ブロック準優勝

先週は中体連新人戦と女子フットサルの県大会が重なり大変でした。
諸事情により今年は女子サルチームの監督となっているので、新人戦はタキTとネギにお任せで、筆者は女子チームの強化に専念させていただきました。

今回の女子フットサル県大会は「シュート優先」というコンセプトで戦い、雑な感じは否めませんが実戦で沢山のシュートを練習することができました。
スピードとパワーを前面に押し出したフットサルで、上松の美学からは少し外れましたが、選手にはこのスピード感、パワー感をどうしても体現させたかったのであえて取り組んだところです。対戦相手も体を張り最後まで力の限り戦ってくれたのでとても良いトレーニングになったと感じました。
今回は選手個々の可能性の開発を狙ったわけですが、1か月後の北信越大会では今のままでは到底勝てないと感じています。6人しかいないチームなのでけが人を出さないようにしながら、チームとしての一体感を高めていかなければなりません。先ずは「心のもち様」をもう少し勉強させなければなりません。

一方1.2年男子の新人戦は・・・
1年生2年生は今シーズンは終始年上を相手に根気よくリーグ戦を戦ってきたところですが、その成果が少し出て来た感じです。まだまだ技術も判断も不安定ですが概ね構想通りに戦えたようです。
リーグ戦ではボールキープが精いっぱいで得点する場面がなかなか作れなかったので、今回比較的多く表れた相手ゴール前での攻防はこれからの課題です。
1年生が5人先発しなければならないチームなので今のところ勝敗には全くこだわりません。負け続けた今シーズン、選手や保護者は「勝利」の2文字に飢えており、今回の成績で必要以上に来シーズンへの期待を膨らませているようですが、少しばかり勝ったと言って浮つく事の無いようにしたいと考えています。ここが我慢の為所なので、山のような弱点を少しでも減らし、良いところを最大限まで高める努力が必要です。時間と根気が必要なので選手がどこまで我慢できるかが成長のカギだと感じています。
とりあえず現時点での筆者の評価は「悪くない」です。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。