ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラモス・ルイの言葉を贈ろう

「テクニックは人から教わることができる。でも、ハートは自分で鍛えるしかない。」

ラモス、直ぐ熱くなるから筆者はあまり好きではないのだけど
日本サッカーの歴史を創ってきた人の言葉はやはり説得力があります。
最近の?昔もか? 若い選手たちに欠けていると感じている部分
精神論だけではサッカー上手くならないけれど
個人個人が心の底に秘める気持ちはやはり大切。

上手くいかないといってふてくされ
叱られたといってすねる
出来ない原因は周りに責任転嫁

そんなことしていると成長するための時間が無くなっていく

昨日もOBが来て一緒にトレーニングしてくれた。
今でも凄いレベルを維持している子たちだが
彼らも3年間ほぼ毎日、ふてくされ、拗ね、練習から逃げていた
「なに今頃練習に目覚めてるの」と言ったら
余裕で笑っていました。あれだけ練習嫌いだったのに、今は楽しいらしい。

ついでにもう一つ
元ウルグアイ大統領ホセ・ムヒカの言葉
「人生で最も重要な事は勝つ事ではありません。歩み続けることです。」

先人の言葉は勉強になります。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。