ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あまりにも予想通りで・・・

日曜日は今年初めての外サッカー
体育館からグランドに出た途端ハードな試合で選手はヘロヘロ

選手たちはグランドに着いた時から
まるでピクニック気分で
あえて黙っていたら
まったく臨戦態勢が整わないまま試合に突入

ほぼ予想通りの試合展開で
日頃のトレーニングの効果が出た部分
足りなかった部分の確認が出来ました

致命的と思えたのは2年生の試合に臨む姿勢
試合が連続する中で、合間、合間でエネルギー補給を促しても
ろくな補給もせずサッカーと関係ないおしゃべりタイム
チームとして機械的に与えられた試合をこなしているだけ

何か手当してあげないと
これじゃあサッカー上手くならないし楽しくないなー
と感じました

先週通して練習を手伝ってくれたOBの大タクが
「俺もそうだったけどやっぱり練習やらされているうちはダメだよね」
とつぶやいておりました

過去には「悩みがあります・何をやっていてもサッカーの事しか考えられません」
と言っていた選手も居たわけで

そう言った部分のセットアップをやり直す必要を感じています
キーワードとしては、短期集中、長時間、ハード・困難・苦痛

つまり非日常的な合宿的な洗脳的なそんなイメージ
昨日の連続したトレーニングマッチもその一環から行ったものだが
近いうちにもっと本格的に対応しないと強くならない

今のところ筆者の予想を超えてくる選手がいなくて面白くない
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。