ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけばワールドカップ

5月中旬から非常に多忙な日々が続き
気がついたらワールドカップが始まり
益々身体に負担が・・・・

U15チームは
ゴールを無視してボールをキープする消極的な戦術に(選手が)飽きたので
5月後半は「普通のサッカー」をテーマにしました。
岡田ジャパンを参考に
身体能力の高い方から11人をベースにオーソドックスに選手を配置したのですが
そこそこ攻めることができるけれど、その分失点も多くなり、
惨敗が続きました。
ワールドカップ直前の代表チームと一緒です。

代表チームは
ここから、DF編重のシステムに切り替えて一応(偶然?)結果が出たのですが
さて、わがチームはどうしよう???

ワールドカップ一次リーグを一通り見て
弱者の戦術というか
極端にディフェンシブな布陣で戦うチームが多く
不屈のライオンを生け捕りにした我が代表チームや
無敵艦隊を撃沈したスイスのように結果が出てしまうチームもあり
「守りの美学」みたいないわれ方していますが

互いにプロなんだから
「もう少しいい内容にしてほしい」と思うのは筆者だけなのだろうか?
筆者の好みは断然メキシコとチリであります。

さて、中学生が苦戦しているとき
筆者自慢のU12トップチームも煮え湯を飲まされておりました。
今年が最後の11人制となるであろう全日本県予選では
まさかの1回戦敗退。
もっとも対戦チームは
とても良いサッカーをする北信の超強豪チームだったので致し方ないのですが
自分たちのいい時間帯に得点が奪えず・・・というポゼッションを目指すチームの典型的な負け方だったようです。
よい試合内容で勝つためにはまだまだいろいろが足りないということです。

浅い知見とは思いますが
無敵艦隊は圧倒的に攻めながら負けたけど、メッシとマラドーナのチームは絶好調のアジアチャンピオンを圧倒的に攻め立てて勝った
この両者の違いに何かしらのヒントがあるようにも思えます。

ただ、アルゼンチンだってそうそういつもうまく行くとは限らないし
メッシは何人もいないので
メッシがいないチームは、じゃあどうするんだ
という堂々巡りの議論になり・・・
だからサッカーは楽しい。

それにしても
ワールドカップはサッカー愛好者以外が見てもかなり面白いらしい。
スポーツと無縁の筆者の姉なんかでさえ、試合日程やチームのエピソードにかなり詳しい。
技術や戦術のことがわからなくても「真剣勝負」は伝わるようです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ueichi.blog45.fc2.com/tb.php/324-ff9ad0d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岡田ジャパン スイス キーパー

勇気一つをともにして - ウラとオモテの日記 この恋人は昨年、アメリカの男性誌で「世界一セクシーなスポーツリポーター」に選出されるほどの美ぼうの持ち主だそうで、重要な試合で選手の妻や恋人は同行を許されないが、取材という“特権”を使って南アでも代表に密着し、...

  • 2010/06/19(土) 14:02:07 |
  • FIFAワールドカップ2010 最新情報

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。