ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

女子サル北信越その② ファイト

201311301226000.jpg

本当はもっと強くなれる。もっと輝ける
もっとかっこ良くなれる

それを望まない両親もいるかもしれないし
必ずしも田舎の社会に認知されるとも思えませんが
筆者としては彼女たちに出会った時から
もっと弾けてどんどん外に飛び出していくような女性に成長してほしいと考えていたので
欲を言えば、いま一つやり切った感が足りていません。
大河ドラマでも見せて
「新島八重や大山捨松を学びながら練習させればよかったかな」
などと考えながら2日間を過ごしました。

筆者自身のスタンスも不明瞭で
「サッカーやるのに男子も女子も関係ない。」と言えば関係なく。
しかし「男子と女子とはやはり別物」と言えば確かにかなりの差異はあり。
その辺を今一歩整理しきれないままチームにかかわってきたのは確かで
答えが出るにはもう少し時間が必要と思います。


まあいろいろありましたが
総じて
今大会はサポートに回ったBセットのメンバーも含め
県大会前の練習から約2ヵ月間本当によく戦ってくれたと思います。
「たいへん良くできました」と思います。
過去、単独の女子選手は数名いましたが
チームとして活動出来たのは今回が第1世代となります。

試合中彼女たちにも言いましたが
普通に生活していても
人生もっと辛いことがもっともっとたくさんある
殻を破って、当たり前の世界からはみ出して輝くためには
さらに苦しいことがある。
でもチャレンジしてほしい。
だから
凍えながら泳いで行け

今回組織の中心となりすべてのお膳立てをしてくれたINO監督
少女時代から育てて中学校に送り込んでくれたコーチの皆さん
協力していただいたすべての方々に感謝しつつ
選手たちのさらなる成長に大いに期待しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ueichi.blog45.fc2.com/tb.php/487-f2087b94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad