ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

我々はなぜ勝利を目指すのか

最近自分の言葉で伝えるのがオックウになってきたので
全日本柔道連盟北田典子氏をお迎えして講演会を実施しました。



1月に東京でお話を聞いて
ものすごいエネルギーを感じたので
さっそく当町の指導者向けの講演を打診したところ
快くお受けいただいたものです。

中学校サッカー部員は全員参加で
普段簡単に語られている
あるいは真面に考えたこともない
「勝」「負」というについて
しっかり、真剣に考えてもらおうという狙いです。

選手として極限を経験し
さらに指導者として極限に挑戦する選手を見てきた人のお話は
ものすごく濃密で重厚でありました。

呼びかけに応じて
参加していただいた保護者のみなさんにも
良い刺激となったのではないでしょうか。


選手は
真剣に競技に取り組み
他の人が経験できないような極限状態に向き合い
周りのすべてにリスペクトすること

結果、人間として成長し
勝利にもつながる

親は辛抱強く
あわてず騒がず
とことんわが子を信じること

指導者は
選手に寄り添うが
親と同じ距離(超近距離)より少し離れていなければならない

当たり前のことですが
このおばちゃんのオーラとともに耳に入ると
体に浸透する濃さと深さが違う感じでした。


P1050603b.jpg
突然マイクを向けられたり

P1050627b.jpg
立礼の実践をさせられたり


子供たちは大いにビビッていましたが
この日の経験は必ずや将来の役に立つでしょう。

異種目の達人の話
年に1度は聞くべきです。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ueichi.blog45.fc2.com/tb.php/497-02e9a7aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad