ueichiの雑記帖Ⅱ

サッカーを通して様々な人と関わる毎日をつれづれなるままに・・・

ついでに入学式



3分以内に色々言おうと思うと結構難しい。

結局、来賓や、先生や、保護者や、在校生への外交辞令を大幅に削って何とか2分台に収まったかな。
どうでもいいと思いながら、
それでもせっかくだから少し気の利いたことを言おうと欲が出る。
人間って難しい。いい勉強させてもらってる。
と思っておこう。


告   辞
希望に胸を膨らませ、喜びに目を輝かせている皆さんをお迎えし、本日ここに平成三十年度上松町立上松中学校入学式を挙行できますことを大変嬉しく思います。
復学席一名を含む三四名の新入生の皆さん、上松中学校へのご入学、おめでとうございます。

皆さんは、昨年まで小学校で、勉強のしかたや普段の生活の基礎を学んできました。
 中学生になった今日からは、その基礎をさらに深め、広げながら、新しい知識と、しっかりとした判断力を身に着けていかなければなりません。

 今日は、皆さんが成長するために必要と思われることを少しお話させていただきます。

先ずは
誤りを指摘されない環境は自分のためにならない
ということです。

学校だけでなく普段生活を送る中で、みなさんは先生や家族、周りの人からいろいろな指導を受けます。時には厳しく誤りを指摘されることもあるでしょう。周りからの言葉は、自分の意にそぐわないことが多いものです。
自分の信念に従ってやりたいことだけに専念するのも悪くはないですが、今皆さんは、人の意見を聞いて考え、自分を変化させることが必要な時です。周りの声を排除するのではなく、受け止められる柔らかな考え方を身に着けてください。

次に、
独りで成し遂げられる事は多くはない
ということ
世界は、多くの人が影響し合って成り立っています。少し大人に近づいた中学時代は、周囲とのかかわり方を学ぶ大切な時期です。
自分の夢や目標に向かって努力し、ある時は人を助け、ある時は助けられながら目標に近づく。一人ではなく、仲間やライバルがいるからこそ到達できる充実感や達成感をたくさん経験してほしいと思います。

経験とは求めていたものが手に入らなかった時に、より多く得られるもの。ともいわれています。
これから皆さんはいろいろなことにチャレンジし、結果が望むとおりにならなくても、その経験は貴重な財産となります。すべてを前向きに受け止め、好奇心を失うことなく中学校生活を送ってください。

結びとなりますが、保護者の皆様はじめ、本日ご参集いただきましたご来賓のみなさま、子供たちの成長は上松町にとって掛替えのない財産となります。
上松中学校の子供たちがのびのびと世界に向かってチャレンジする姿を、温かく見守り、時には厳しいご指導をお願いいたします。

 新しく中学生になられた皆さんの健やかな成長をお祈りし、先生方をはじめ地域の皆様に絶大なご支援を賜りますことをお願い申し上げ教育委員会の告辞とします。

平成三十年四月五日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ueichi.blog45.fc2.com/tb.php/579-1919368e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad